ボタン ボタン
ライン

劇団Tomorrow第14回公演 決定!

ミュージカル

『日本語教師のススメ』
脚本:本多謙太郎   演出:木島 恭
2020年 2月15日、16日 内幸町ホール

 ライン


劇団Tomorrow第14回公演決定!
増え続ける外国人労働者。2019年から施行の改正入管法も重なり、今日本語教師がにわかに注目を集めています。東京五輪を間近に控える今日、日本語教師を目指し奮闘する主人公の姿を通し、日本語とは、異文化とは、そして日本人とは何かを問う、劇団Tomorrow段内作家によるオリジナルミュージカルです。
 演出は、世界各国でミュージカル「はだしのゲン」の上演活動を展開してきた、木島恭。第一線で活躍中のプロのスタッフ、客演メンバーがアマチュア劇団をバックアップし、プロとアマとのコラボレーションによる舞台を上演します。
会場は前回と同じ新橋、内幸町ホールにて。皆様のご来場、心からお待ちしています。

■日時
2020年
@ 2月15日(土)pm. 3:00
A 2月15日
(土)pm. 7:00
B 2月16日
(日)pm. 1:00
C 2月16日
(日)pm. 5:00
 
 
        (4回公演)
※日時指定 当日座席指定あり
  
座席指定席45分前、開場30分前
 
■場所
 
内幸町ホール
 (地下鉄銀座線、JR山手線、新橋駅 徒歩5分)

■チケット
一般:3,800円 中学生以下:2,500円

■お問い合わせ
 eメール  rainbow@tomorrow-stage.com
 東京都目黒区下目黒1-4-7-107   tel:090-8644-5728 (代表・菊地)

■チケット問い合わせのご注意
  各回150席のみですので、希望の日時を  お早めにお申し込み下さい。
  事務局、もしくは最寄の団員までお願いします。

 
   

 ライン
あらすじ

派遣社員として働く世良舞子は、将来を考えて、日本語教師の道を志す。早々学校に入学するも、日本語の難しさ、外国人との接し方等、いくつもの壁が立ちふさがる。いざ授業をしても思うようにならず悩む日々。一時はあきらめかけた彼女であったが、様々な人との出会いを繰り返す中で、彼女の中に少しずつ変化が生まれていく。
 日本語とは、異文化とは、日本人とは何かを問う、劇団Tomorrowオリジナル作品。
   劇団Tomorrow第14回公演にご期待下さい。


メール アイコン
メール
出演者募集、チケットお申し込みは
こちらまで